リンゴの図を使って、身体の状態を表しています。
それぞれのリンゴの上にマウスを乗せると説明文が出てきます。
若い頃は今より良く歩き、良く動き、運動することも多かったので、“筋肉100%、脂肪100%”と『筋肉の多い、脂肪の少ない、スリムで体調のよい、健康的な体』でした。
現在は、若いころに比べて運動量も減り、歩くことも少なくなり、階段を使わずエスカレーターを使い、さらには食生活も乱れ、“筋肉50%、脂肪100%”と、『筋肉の少ない、脂肪の多い締まりのない、疲れやすい、不健康な体』になっています。
栄養と運動を考えたドクターダイエットでは、現在の“減ってしまった筋肉を30%増加、増えてしまった脂肪を30%減少”させて、若い頃により近い、『筋肉の多い、脂肪の少ない、スリムで太りにくく、体調のよい、健康的な体』を手に入れることができます。
従来の食事制限メインのダイエット後、食制限することで摂取エネルギーを減らしたため、もちろん脂肪も減少、しかし大切な筋肉も減少し、『脂肪は少ないが、筋肉も少ない、しなびて、リバウンドが起こりやすく、疲れやすい、とても不健康な体』です。
食事制限が続かないと、リバウンドが起こります。そのリバウンドのときに増えたのは脂肪だけ。筋肉はそのままで、『筋肉の少ない、脂肪のとても多い、体形崩壊が起こった見た目も健康面も非常に危ない体』です。